講座の修了生の声 その2

私は早く資格を得て介護の仕事をしたかったので、とにかくすぐに資格を取得できるよう、短期間で学べる講座を探していました。

そして私が見つけたのがほっと倶楽部の講座でした。

たった約1ヶ月半で資格を取得できるというところが魅力的で、その上しっかり学べるということですぐに受講を決めました。

実は以前は病院の事務の仕事をしていたのですが、そこで人と接しているうちに、もっと人の役に立てる介護職に就きたいと思うようになったのです。

母親が介護の仕事をしていることもあり、仕事の大変さも聞かされていたので初めは躊躇いもありましたが、やりたいと思ったことはやるべきだと思い、介護職への転職を目指すことにしました。

ほっと倶楽部を受講して感じたことは、介護の仕事をする上で求められる知識や技術が学べるだけではなく、介護の仕事をするにあたって必要な意識についても学べる講座だったということです。

私はこれまで介護の仕事に「奉仕をする」イメージを持っていたのですが、やってあげる奉仕ではなく、共にやってみることこそがご利用者様のためになるいう話を聞けて目から鱗が落ちました。

ご利用者様のことを思うなら、ご利用者様自身が行動するようにサポートしなくてはなりません。

このことを学べたのは私にとってとても大きかったです。

そしていざ介護の仕事に就いた後も日々どのようにしたらより良いサービスを提供できるかを考えながら仕事に取り組むべきだと思っています。

サービス提供者とご利用者様という立場の違いはありますが、同じ人間ですから、相手の尊厳を大切にして、思いやりをもって接していける職員になりたいです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ