介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級)について

2013年4月に、ホームヘルパー2級の資格が介護職員初任者研修という名称に改められました。

介護職員初任者研修は介護職における入門的な資格と言われており、介護をする上で必要な基本的な知識と技術を身につけることができます。

数ある介護資格の中でも非常に人気がある資格であり、また、介護福祉士や実務者研修の資格取得を目指す人には介護職員初任者研修の取得が求められるため、今後介護の業界でステップアップしていきたいと考えている人にとっても必要不可欠な資格だと言えます。

〈介護職員初任者研修のコース〉

・週1回コース(約3ヶ月から4ヶ月)
・短期コース(約1ヶ月半)

〈介護職員初任者研修の対象者〉

・介護職を始めたい人
・ステップアップを目指したい人
・家族の介護のために知識や技術を身に付けたい人

など、特に必要な要件はありません。

〈介護職員初任者研修の特徴〉

①介護の現場を体験可能(オプション)

ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に変更になってから、講義や演習が充実した代わりに現場実習がなくなりました。

しかし介護の仕事をする前に現場を体験して不安を解消したいという受講者も多いはず。

ほっと倶楽部ではそんな受講者の不安を取り除くために現場の見学や体験実習プログラムを提供しています。

②社会人として身に付けておくべき接遇・マナー研修が受けられる

介護職とはいえ、社会人としての接遇・マナーはしっかりと身に付けておきたいもの。

ほっと倶楽部ではオリジナル研修を用意しているので、卒業したての学生や既に就業している方にもとても役立ちます。

③ライフスタイルに合ったコースを選べる

ほっと倶楽部なら、無理をしてライフスタイルを変えることなく介護職員初任者研修を受けることができます。

仕事や家事に忙しい方でも週1回コースまたは短期コースの2種類のコースから選べるので安心です。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ