介護職員初任者研修の流れ

1. 講義スクーリング+自宅学習

・週1回コース(約1ヶ月半)
・短期コース(約3週間)

経験豊かな講師の指導のもと、基本的な知識について学びます。

講義科目のうち、決められた範囲については自宅学習を行います。

2. 実技スクーリング

・週1回コース(約2ヶ月半)
・短期コース(約2週間)

実際に介護役とご利用者様役に分かれて生徒同士で介護技術を学びます。

実際に現場で使われている器具(ベッドや車椅子)等が用意されており、食事介助では本物の食べ物を使いますので実践的に学ぶことができます。

また、介護する立場と介護される側の気持ちを理解することも目的としています。

3. 修了評価テスト

・週1回コース(1時間)
・短期コース(1時間)

講義スクーリングおよび自宅学習、実技スクーリングで学んだことがしっかり身に付いているかどうかを筆記テストを用いて判断します。

内容は決して難しくなく、きちんと学習していればどなたでも合格できるような内容になっています。

万が一不合格になってしまった場合でも、合格できるようにサポートします。

4. 修了式

全てのカリキュラムを終え、修了評価テストにも合格した人に介護職員初任者研修・修了証明書が渡されます。

この修了証明書は全国どこでも通用するので、配偶者の突然の転勤などがあっても安心です。

5. 現場実習(希望者のみ、有料オプション)

福祉施設や訪問介護事業所など、実際の現場で見学および体験することができます。

これらの施設は全てほっと倶楽部が紹介します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ