介護の仕事について

介護職に従事する人は加齢や病気、障害などで日常生活を送るのが困難なご利用者様のサポートすることが求められます。

介護に関する勤務地は様々で、次の通りに分けられます。

入所型施設
特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、病院、グループホーム、介護付有料老人ホーム

在宅介護
〈通所系〉
デイサービス、デイケア

〈訪問系〉
訪問介護、訪問入浴

介護施設に勤務する場合は、洗顔や着替え、排泄、食事、入浴などの介助をはじめ、手作業や趣味活動、転倒予防の為の運動などの指導や見守りを行います。

デイサービスなどの通所系介護の場合はレクリエーションを企画したり、進行したりなども行う必要があります。

また、訪問系介護の場合は、ご利用者様の自宅で「身体介護」や「生活援助」のサービスを行います。

「身体介護」は食事・入浴・排泄・移動・移乗の介護などのことを指し、ご利用者様の体に触る必要のある内容となっています。

一方「生活援助」は、買い物や掃除、調理や洗濯など、日常生活に必要な家事などの介護のことを指します。

なお、訪問介護員として勤務する場合には介護職員初任者研修は最低限持っていなくてはなりません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ