喀痰吸引等研修について

従来、喀痰の吸引は医師および看護師によって医療行為として行われていました。

しかし、一定の研修を修了した介護職員であれば一定の条件下で喀痰吸引が行えるように法改正され、それに伴い、2012年4月より喀痰吸引等研修が行われるようになりました。

研修を修了することで、自宅や勤務先で医療的ケアを実施することが認められます。

既に介護職に就いている人はもちろん、この研修を修了することでケアできるご利用者様の幅が広がります。

※ここでの医療ケアとは、痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)および経管栄養(胃ろうもしくは腸ろうによる経管栄養と経鼻経管栄養)のことを指します。

〈喀痰吸引研修の種類〉

・第1号研修 / 基本研修8日(講義50時間+演習2日)+実地研修
対象者:不特定の人に実施可能
研修内容:喀痰吸引と経管栄養に関して、対象になる行為の全てを実施する

・第2号研修 / 基本研修8日(講義50時間+演習2日)+実地研修(気管カニューレ内吸引、経鼻経管栄養を除く)
対象者:不特定の人に実施可能
研修内容:喀痰吸引(口腔内・鼻腔内のみ)および経管栄養(胃ろうと腸ろうのみ)に関して、対象になる行為の全てを実施する

・第3号研修 / 基本研修1日から2日(講義8時間+演習1時間)+実地研修(特定のご利用者様に必要な行為)
対象者:特定のご利用者様にのみ実施可能
研修内容:特定のご利用者様に対しての必要な行為を実施する

〈喀痰吸引研修の対象者〉

・医療的ケアを求めているご利用者様がいる施設や事業所に勤務している人
・今後のスキルアップの為に幅広いケアを可能にしたい人
・障害を抱えている人の訪問介護をしている人

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ